BBQで食べたい豚肉の部位

BBQで食べたい豚肉の部位 BBQで食べたい肉の種類は、牛肉、豚肉、鶏肉の3つが代表的ですが、利用する部位は細かく分かれています。
サーロインやロースは肉質が緻密で、脂肪分も適度な状態で付いていますから、シンプルな味わいが特徴なステーキには特に向いています。
脂分が多めのバラ肉は、そのままの状態で調理するよりも、野菜やキノコと合わせたほうが互いの旨味が引き立ちます。
BBQで内臓の部位を使う場合には、さらに種類が多彩になり、牛や豚によっても違ってきます。
牛の第一胃になるミノは、歯ごたえの良さが特徴で、BBQの焼肉のアクセントになります。
ハチノスは牛の第二胃ですが、ヒダのおかげで味が染みこみやすく、BBQでモツ煮を作る際には重宝します。
豚の胃はガツと呼ばれ、これも焼肉の素材として重宝します。
鶏肉を使う場合には、あっさりとした料理に向いているササミをはじめとして、コラーゲンが豊富で煮込み料理にすると美味しい手羽先肉を選ぶことができます。
BBQで食べたい肉の種類は、牛肉、豚肉、鶏肉の3つが代表的ですが、利用する部位は細かく分かれています。
サーロインやロースは肉質が緻密で、脂肪分も適度な状態で付いていますから、シンプルな味わいが特徴なステーキには特に向いています。
脂分が多めのバラ肉は、そのままの状態で調理するよりも、野菜やキノコと合わせたほうが互いの旨味が引き立ちます。
BBQで内臓の部位を使う場合には、さらに種類が多彩になり、牛や豚によっても違ってきます。
牛の第一胃になるミノは、歯ごたえの良さが特徴で、BBQの焼肉のアクセントになります。
ハチノスは牛の第二胃ですが、ヒダのおかげで味が染みこみやすく、BBQでモツ煮を作る際には重宝します。
豚の胃はガツと呼ばれ、これも焼肉の素材として重宝します。
鶏肉を使う場合には、あっさりとした料理に向いているササミをはじめとして、コラーゲンが豊富で煮込み料理にすると美味しい手羽先肉を選ぶことができます。

BBQで食べたい鶏肉の部位

BBQで食べたい鶏肉の部位 BBQで食べたい鶏肉の部位としては、まずモモ肉があげられます。
鶏肉といえばモモ肉といえるほど人気の部位といえます。
よく焼いてもパサつくことも少なく、ふっくらと焼きあがるので、BBQ初心者でも扱いやすい食材といえます。
応用力が高い部位なので、様々な鶏肉レシピに使うことができます。
おすすめの食べ方としては、参加者が盛り上がりやすいよう、串焼きがおすすめといえるでしょう。
そしてリーズナブルで人気の高い部位が手羽先です。
BBQにはぴったりの食材といえますが、火の通りを均一に仕上げることが難しいので、炭火の場合はテクニックが必要になってくるでしょう。
先にホイルに包んで蒸し焼きにしておいてから、まわりを炙るように炭火にあてると上手に焼くことができます。
おすすめの食べ方としては、タンドリーチキンやスモークがあげられます。
その他に淡泊で脂肪分が少なく、ヘルシーさが特徴のムネ肉や、鶏の心臓部分など、BBQにははずせない部位が豊富にそろっています。